キトサンというと、ダイエットに効果があるイメージをお持ちの方は結構多いのではないでしょうか。

しかし、キトサンの健康効果は、ダイエットだけに止まらないことをご存知でしたか?

免疫機能を高める効果や、血圧やコレステロールを正常化する…など、キトサンには私たちの健康にさまざまな働きがあることが、近年の研究で明らかになってきています。

今回は、そんな注目の素材「キトサン」の知られざる健康・美容効果についてご紹介します。

キトサンは甲殻類から抽出した唯一の動物性食物繊維

 

そもそも、キトサンとはどんな成分なのでしょうか?

「キトサン」とは、カニやエビなど甲殻類の殻などに含まれる「キチン」という成分から、タンパク質やカルシウムなどを取り除いて抽出された、唯一の動物性食物繊維です。

キトサンは甲殻類だけでなく、イカの軟骨や昆虫の表皮、キノコ類の細胞壁などからも生成できますが、日本で出回るキトサン素材で主流なのは、カニの甲羅から抽出したものです。

ちなみに、「キチン・キトサン」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは、キチンからキトサンを抽出させる処理の中で両方が混在するために、まとめて「キチン・キトサン」と呼ばれることが多いのです。

キトサンには体内の有害物質を吸着・排出する性質が

食物繊維は、便秘改善はもちろんのこと、流行の「腸活」のためにも積極的に摂りたいものです。

食物繊維を摂るには野菜をはじめさまざまな食品がありますが、

中でも、とりわけ注目を浴びているのが甲殻類を原料とするキトサンです。

それは、キトサンが自然界で唯一、プラスの電気を帯びた天然の食物繊維であるからです。

農薬、バクテリアをはじめ、人体に有害とされる物質のほとんどはマイナスに帯電していますが、プラス帯電のキトサンがマイナスに帯電した有害物質にくっつき吸着する性質があります。

そのため、キトサンが有害物質を吸着して体外へ排出するデトックスに大変有効とされているのです。

キトサンは便通改善を促す「不溶性食物繊維」


食物繊維にはお通じを良くする整腸作用がありますが、キトサンは不溶性食物繊維に分類されます。

不溶性食物繊維キトサンを摂ることで、腸内で水分を吸収して便のかさが増します。

この作用により腸を刺激して、ぜん動運動を活発にさせることで、スムーズな排便を促して、腸内環境を改善する効果があるのです。

キトサンにはこれだけの効能・効果が!

体内の不要物を吸着して、体の外へ排出してくれるとは、キトサンはとても優秀な食物繊維であることが、ここまででお分かりいただけたと思います。

このキトサンの吸着・排出作用が、さまざまな健康効果をもたらしてくれているのです。

では、キトサンには具体的にはどのような健康効果があるのでしょうか?主なものとしては、以下のような働きがあります。

解毒・排毒(デトックス)

体内に溜まった毒性のある物質や不要な老廃物を排出するデトックス作用。

放射能物質、PM2.5やダイオキシン、有害な重金属、食品添加物などの有害物質を吸着し、体外へ排出します。

これらの有害物は吸着・排出しますが、鉄やカルシウムなど、体に必要なミネラル分には影響しないのもキトサンが優れている点です。

場合によっては身体に必要なミネラル成分の吸収を促す可能性があるとさえ言われています。

関連記事:キトサンでデトックス!タバコの煙や排気ガスなどの有害物質や環境汚染から身体を守ろう

ダイエット効果

キトサンは、食事で摂取した余分な脂肪分や塩分を吸着して、体内に吸収される前に体外に排出することで、肥満防止をサポートします。

から揚げ、天ぷらや肉料理など、油っぽいものを食べる際には、食後にキトサンを摂ることで、カロリーカット効果が期待できるので、ダイエットにもオススメです。

関連記事:キトサンのダイエット効果がスゴイ!カロリーカット効果で食べたいけど痩せたい人に

腸内環境を整える(便秘解消)

腸内の善玉菌を増やして、腸内バランスを正常化する作用。

キトサンは腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用があると言われています。そうして腸内環境を整えることで便秘解消ダイエットをはじめ美肌アンチエイジング効果も期待できます。

関連記事:健康は腸内フローラから!腸内環境を整える食物繊維キトサンの働き!

免疫力アップ

細菌、ウイルスなどを撃退する免疫力がつき、体が本来持つ自然治癒力が活性化します。

上記の有害物質の排出作用や整腸作用と共に、体内環境を整え、病気になりにくい健康な体を作ります。

関連記事:キトサンとのタッグで身体をガードする免疫機能

ガンを殺す活性を4~5倍に高める

免疫力を高めることで、同時にガンに対する効果も高まると言われています。

キチン・キトサンは、免疫の最前線で働くマクロファージの活性を高める働きがあります。マクロファージが元気になれば、その後に続く一連の免疫反応活性がのきなみ高まります。

また、試験管内の実験では、キチン・キトサンを添加すると、NK細胞のガンを殺す活性が4-5倍高まることも明らかにされています。

参考文献:カニ殻栄養補助食品キチン・キトサンの威力

~自然治癒力を高め、病気に打ち勝つ~

著者 医学博士 松永 亮 “

血中コレステロール低下作用

コレステロールは体内に入った際、肝臓で作られる胆汁酸と結合することで、体内に吸収されます。

キトサンが胆汁酸と結合して、コレステロールの体内吸収を阻害し、排出することで、コレステロール値を下げる効果があります。

胆汁酸が排出されると、新たな胆汁酸を作るためにコレステロールが消費されます。

また、直接コレステロールと吸着し排出する作用も働くので、2つの効果からコレステロール値を下げる効果が期待できます。

関連記事:キトサンサプリは血中のLDL(悪玉)コレステロールを下げる効果が期待できる!

抗菌及び殺菌作用

大腸菌、黄色ブドウ球菌などを殺菌、抗菌する作用により、不快な体臭(汗のニオイ、ワキガ、加齢臭など)を抑えます

関連記事:高温多湿の時期になる前に…キトサンの抗菌性で水虫菌をおさえこんでおきましょう!

血圧降下作用

塩分の取りすぎで高血圧になることはよく知られています。

食塩はナトリウムと塩素からできており、キトサンには、高血圧の原因と言われる塩素のみを吸着・排出する作用があるので、血圧の上昇を抑えることができます。

その際、身体に有用なナトリウムは身体に残します。

また、血管をきれいに保ち、血管の柔軟性を維持して血管の老化を防止する効果もあります。

関連記事:血圧対策にキトサンをおすすめするワケ

キトサン摂取で気をつけたいこととは

ほかにも、キトサンには自律神経の調整効果による更年期障害やうつ病症状の改善アルツハイマー症状の改善、糖尿病の改善片頭痛の改善など、健康面において幅広い効果効能があると言われています。

このように、キトサンは万能と言っても過言ではないくらい優れた健康素材です。健康のためにすぐにでもキトサンに飛びつきたくなるところですが、その前に注意したいことが一つ。

それは、キトサンの原料を確認することです。特にエビやカニなどの甲殻類にアレルギーがある方は摂るのを控えるようにしましょう。

関連記事:キトサン(キチンキトサン)と甲殻類アレルギーの症状について

キトサンの効果的な飲み方・摂取量目安は?

キトサンはいつ飲んでも良い成分ですが、特にダイエットに効果的な飲み方としては、食べ物が胃の中に入っている食後にすぐ服用するのが良いとされています。

様々な物質に吸着する作用がある成分なので、食べ物と同時に摂取するのが理に適っているでしょう。

また、キトサンの摂取目安量ですが、こちらは健康やダイエットを目的にしているのであれば1日500mg~1,000mgほど、生活習慣病の改善などを目的にしているのであれば、1日1,000~2,000mgほどが良いとされています。

キトサンは多く飲めば飲むほど良いという成分ではないので、1日の摂取量は副作用がない2,000mgまでにしておきましょう。

様々な効能効果が期待できるキトサンをぜひ試してみて下さいね。